薬を飲んでいる女性
  • ホーム
  • 男性がアフターピルを入手する方法

男性がアフターピルを入手する方法

避妊薬として知られるのが低用量ピルです。
もともと重い月経痛などの治療目的で開発された薬ですが、避妊の効果も得られることから避妊薬として知られるようになったのです。
避妊薬としての低用量ピルの存在は皆の知るところとなりましたが、アフターピルの存在を知っている方はそれほど多くないようです。
こちらはアフターと名がつくように、後で飲むことで妊娠を防ぐ薬です。
低用量ピルは継続摂取によってほぼ99パーセントの避妊ができますが、アフターピルは性行為の後72時間以内に飲むことで着床を防げる薬で、24時間以内に飲むことで9割は防げると言われています。
9割とはいっても1割は妊娠の可能性があるので、できればほかの方法で避妊すべきですが、コンドームが破れた・外れた、意図せずに行為となったなど、万が一の際に利用するのがアフターピルとなっています。
行為の後に飲むことで妊娠を防げるというと、非常に体に悪いのではないかと勘違いされる方が多いかもしれません。
もちろん体にいいわけはないですが、ホルモンに作用して人工的に生理を引き起こさせるので、強い薬で着床を阻害するわけではなく、思ったほど体に悪くはないのです。
意図しない妊娠をして堕胎をするよりも、こういった薬で妊娠を防ぐ方が体への影響が少ないのです。
アフターピルは基本的に婦人科などを本人が受診して処方してもらえます。
ただ、72時間以内、早ければ早いほうがいいと急を要するので、ことが起こってから病院を探して受診となると時間が刻々とたっていきます。
そうなると避妊を失敗する可能性も高まるので焦ってしまうでしょう。
そうならないようにあらかじめ入手しておくと便利かもしれません。
こちらも女性本人がクリニックなどで出してもらうべきですが、男性が持っておくという方法もあることはあります。
ただ、男性の場合、女性に妊娠させてしまうかもしれないという目的で処方してもらうことは無理です。
というのは通常女性に処方する前には問診や触診などをして出して大丈夫かを確認するからです。
男性ではそれができないので処方はしてもらえません。
それでもどうしても男性が入手したいというなら通販があります。
ただ、こちらも男性名義では買えないところがほとんどなので、だれか知人の名義を借りるしかありません。
宅配便の名目は「雑貨」などアフターピルであることはわからないようにしてくれているので、荷物を開けられない限り知人にばれることもありません。