薬を飲んでいる女性
  • ホーム
  • アフターピルの成功率は経過時間で変わるのか

アフターピルの成功率は経過時間で変わるのか

微笑んでいる女性

安全日の計算を間違えたり、コンドームが破れたり、抜け落ちたりして、望まない妊娠をする可能性がある時は、アフターピルを飲むことにより、避妊確率を上げることができます。
この薬を飲むと、まず排卵が遅れます。
それにより、子宮内に入ってきた精子の寿命が終わってから排卵が起きる確率が高くなります。
そして、アフターピルは精子その物が、子宮頸管に入るのを防ぐ作用があります。
さらに、もし、入ってきた精子と卵子が受精をして、子宮に着床しようとしても(その期間は受精後5~7日です)、それ以前に子宮内膜がアフターピルによってはがれ落ちて子宮着床ができず、妊娠を防ぐ確率が上がるのです。
この方法が有効であるためには、セックス後できるだけ早い時間にこの薬を飲む必要があります。
この薬には、レボノルゲストレルと言う1回飲めばよい薬とヤッペ法と言う最初に2錠飲み、12時間後に毛2錠を飲む2種類の方法があります。
ヤッペ法は、吐き気が強く吐くともう一度飲まなければならないし、12時間後の飲み忘れる場合があると言う欠点があります。
ヤッペ法は婦人科でひろく処方されていましたが2011年1回飲めば済むレボノルゲストレルの処方が許可されました。
しかしながら、婦人科で処方を受ける場合は、避妊に失敗をした後出でないと処方を受けられないのです。
アフターピルは72時間以内に飲むべきと言われています。
72時間以内に飲むと75%の確率で妊娠が防げ、それも24時間以内に飲むと95%の確率で妊娠が防げると報告があります。
(レボノルゲストレルは72時間以内に服用して81%に避妊確率があったと報告があります)この薬は、望まない妊娠を防ぐためには、セックス後できるだけ早く飲む必要があるのです。
できることなら、避妊に失敗をしたと気付いてすぐに飲むことが一番効果が高いのです。
緊急避妊薬ですから、お守り代わりに常備をしておくと言うのも賢い選択の一つです。
しかし、町のドラッグストアや薬局では市販されていません。
レボノルゲストレルのジェネリックが、インドの製薬会社で製造されており、それを医薬品個人輸入をして手に入れる方法があります。
インドは、医薬品の製造法に関して特許が認められていませんので、先発品の特許期間が切れる前に、安価に医薬品を製造する事ができます。
このような薬は、発展途上国でエイズにかかった貧しい人達の治療のために国境なき医師団でひろくつかわれているのです。