薬を飲んでいる女性
  • ホーム
  • アフターピルとリズムと確実について

アフターピルとリズムと確実について

薬を飲んでいる女性

リズム法とは女性の月経周期によって起こる体の変化を元に、妊娠しやすい日と妊娠しにくい日を予測するという避妊方法です。
しかし、単独の避妊方法としては確実なものではないため、他の避妊方法のサポートして活用すると良いでしょう。
リズム法は副作用がありませんし、体調や体のリズムを知りたいという人におすすめです。
しかし、体調の変化によって測定値が左右されますし、生理中記が乱れている人にも向いていません。
ちなみに、リズム法は、妊娠しやすい期間を予測することができるため、妊娠をしたい場合はその期間に性交渉をすると良いでしょう。
避妊できずに性交渉を行った場合やコンドームなどで避妊をしていたけれど失敗の可能性がある場合、すぐに産婦人科を受診することが大切です。
アフターピルとは緊急的に避妊をするために使われる薬のことであり、高い避妊効果を期待できるでしょう。
この薬は基本的に性交渉をしてから72時間以内に服用する必要があり、12時間後にもう1度薬を飲むこともあります。
アフターピルの服用方法について詳しく知りたいという場合、ドクターにしっかり聞いておくと良いでしょう。
また、経口避妊薬を緊急避妊のために使う場合も72時間以内に1回、その12時間後に1回服用することになります。
しかし、経口避妊薬によって含まれるホルモンの種類と含有量が異なっており、飲み方が異なることもあります。
自己判断で服用すると効果が期待できないこともあるので注意しましょう。
経口避妊薬よりもアフターピルの方が避妊効果は高いということですが、確実に避妊できるというわけではありません。
避妊効果が無いと感じた場合や72時間以内にアフターピルを服用できなかった場合、できるだけ早く病院を受診しましょう。
アフターピルのような緊急避妊薬には、吐き気や腹痛などの副作用があると言われています。
しかし、経口避妊薬で行う緊急避妊よりは緊急避妊薬の方が副作用は起こりにくいということです。
ちなみに、緊急避妊が失敗して妊娠しても胎児には影響がないことが分かっています。
妊娠時には緊急避妊薬の10倍以上の女性ホルモンが分泌されることになるため、緊急避妊薬程度の女性ホルモン量では胎児への影響はほとんどないのです。
緊急避妊薬はあくまでも緊急的な避妊に用いる薬であり、安易に利用するのは良くありません。
普段から経口避妊薬やコンドームなどいろいろな方法で避妊をするようにしましょう。